-
Home 製品情報 サービス 会社概要 サポート お問い合わせ







YOTTADATA @ Amazon.co.jp

大切なデータを復活させる! ヨタデータは貴方の大切なデータを復旧します。

データ復旧サービスとは?

データ復旧サービスとは、誤操作によって消失したデータを復元したり、故障した記録メディアからデータを救出するサービスです。

ヨタデータのデータ復旧サービスなら、ハードウェア、ソフトウェアの障害や誤操作によるデータ消失はもちろんのこと、火災や自然災害によって極めて重篤な損傷が生じていた場合にもデータを救出することができます。
どんなシステム、メディアでもおまかせ下さい。

 

データ復旧について

「ヨタデータ」は、豊富なノウハウを生かしてハードディスクのさまざまな診断、高度なデータリカバリーサービスをご提供致します。その他のデータ復旧不可能だった案件もどうぞお気軽にご相談ください。
ヨタデータなら、貴方の大切なデータを復旧することができます。

 

対応可能な障害と記録メディア

対応可能な障害 対応可能なメディア
パソコンが起動しない
再起動を繰り返す
メディアを認識しない
ファイルを削除してしまった
アクセスできない
ファイルが開かない
フォーマットしてしまった
パーディションを開放してしまった
水没した
燃えてしまった
デスクトップパソコン
ノートパソコン
ハードディスク
外付けハードディスク
その他の記録メディア
サーバー
RAID
NAS

*その他一覧にないメディアはお問合わせください。

 

データ復旧の流れ

データ復旧の流れ

データ復旧費用

成功報酬型料金サービス

ハードディスク、パソコンデータ復旧費用は障害レベルに応じたお見積りとなります。
まずは無料の診断にお申し込みいただければ、正確なお見積りと概算納期をご案内させて頂きます。
お見積り金額と、納期をご確認頂いた上で、データ復旧のご依頼いただくかどうかご判断いただけます。

ハードディスク障害の分類

フォームからのお問い合わせへコチラから



「初期化」「フォーマット」「ゴミ箱に捨てる」だけでは あなたのデータは消えません。

データ消去サービスとは

情報の漏洩事故を防止するために、ハードディスクなどの磁気記録媒体上のデータを完全消去するサービスです。これにより、安心して磁気記録媒体の廃却が可能となります。

 

データ消去の必要性

基本的に、ファイルシステムというのは「管理領域+実データ」の形で構成されています。 初期化、フォーマット等ではハードディスクの管理領域データだけが消えて実データは残っています。

ファイルシステムを本に例えると、ファイル管理領域が目次にあたり、実データ領域が本文に相当します。ただ本の目次を破り捨てても、本文の本体は何ら変更なくそのまま残っていると同じです。 さまざまな復元ソフトでデータの復元が可能です。 この状態では機密データや顧客データなどの重要情報流出の要因になります。

その防止にはハードディスク内データの完璧な上書き消去や強力な磁気破壊物理的破壊等による処理が必要になります。当社では適切にデータ消去を行い、その結果を「消去証明書」を発行し責任を持って処理します。

パソコン及び周辺機器の廃棄・譲渡時のハードディスク上のデータ消去に関するご注意

2002年4月11日に社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)より、パーソナルコンピューターのハードディスク上の個人データ消去につき、ガイドラインが発表されました。

関連ホームページ http://it.jeita.or.jp/perinfo/release/020411.html

 

米国国防総省規定準拠(DoD5220/22-M)のデータ消去方式をご提供いたします。

米国国防総省(United States Department of Defense)では、機密データを含んだコンピュータのハードディスクからデータを消去する際の仕様を規定しています。その規定に準拠したデータ消去方式をご提供いたします。お客様の環境に合せて、それぞれの方式を組み合わせたデータ消去サービスもご提供いたします。

ハードディスク障害の分類

米国国防総省規定準拠(DoD5220.22-M)

* データを上書きする場合は、最低3回行う。
* ハードディスクに強力な磁気をあて、記録されているデータを消去する。
* データ消去の確認ができない場合は、ハードディスクを破壊する

一般的なデータ消去方式の比較

データ消去方式 利点 欠点
ソフトウェア消去 ・ハードディスクの再利用が可能
・多くの製品が存在
・復元される可能性がある
・複数回書き込みによる作業時間の増大とそれに 伴うコストが結果高くなる
・容量に比例して処理時間が増加
・Windows対応以外のソフトウェア価格が高い
・処理方式により、信頼性
・処理時間が大きく異なる
物理破壊 ・目視確認が可能
・OS、容量、インターフェースに 関係ない
・HDDの再利用不可
・粉塵処理対策が必要
・長時間の連続使用ができない
強力な磁気破壊 ・磁性体全面の完全消去
・多くの磁気媒体が消去可能
・OS、容量、インターフェースに 関係ない
・HDDの再利用不可
・目視確認不可

 

消去対象媒体

デスクトップパソコンサーバハードディスクフロッピーディスクDATDLTLTOCMTオープンリールノートPC

 

データ消去のサービス費用

方式 データ消去メニュー 料金(税込) メニュー内容 HDDの再利用
単一 (1)上書消去方式 2,160円 HDDへ任意(「00」や「FF」)のデータを3回上書きします 可能
(2)消磁方式 1,620円 HDDへ強力な磁気をあて消去します 不可能
(3)物理破壊方式 1,620円 HDDを物理的に破壊します
複合 (4)データ消去安心コース 4,320円 上記メニュー(1)(2)(3)の全ての消去方式のコースです
(5)上書+物理破壊コース 3,024円 (1)上書消去方式と(3)破壊方式のコースです
(6)消磁+物理破壊コース 3,024円 (2)消磁方式と(3)破壊方式のコースです

消去費用には、データ消去作業完了証明書の発行費用が含まれています。
※サーバは、搭載されているハードディスクの本数×@消去費用にて計算します。
※サーバは、重量により運送費用が高額となる場合がありますので、別途お問い合わせください。
※CDやDVDはもちろん、磁気テープ類等多岐にわたるメディアに対応したデータ消去を行います。

オンラインで 無料見積り依頼

 

 

ホーム | 製品情報 | サービス | 会社概要 | サポート | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトポリシー
検索エンジン Mooter
ウェブ ヨタデータ内
Copyright © 2008 - 2018 Yottadata Technology Co., Ltd. All rights reserved.